算命学ビジネス考察《算命学とマクロビオティック》

算命学にご興味をお持ちの方に、《算命学と出会ったきっかけ》を伺ったところ、結構多かったのが、マクロビオティックに興味を持ち、陰陽五行論について調べていたらこのような学問があったことを知りました!というご意見でした。

ローソンにいくと、マクロビコーナーがあったり、雑誌などでも美容特集やストレスケアコーナーで特集が組まれていたり…

食・こころを繋げていくと、陰陽五行論をベースにしたマクロビと算命学は相性が良いのかもしれません。

 

算命学×マクロビオティック

マクロビは、マドンナのお陰でオシャレなイメージが定着していますし、マクロビレストランやカフェも多く、お洒落な女性が気軽に集まりやすい空間です。

最近は、マクロビカフェやレストランを見る事も多く、どこも意識の高い女性達に人気です。

《算命学カウンセリング》というと占いっぽくなるので…

マクロビと同じ《陰陽五行論による人生アドバイス》とすれば、お店とのコラボや協力も受けやすく、コラボ展開にも良いのではないかと思うのです。

勿論、思いっきり占いをやりたい人は思う人はコラボなんてせずに《算命学占い》の看板の方が良いでしょう。

しかし、《算命学鑑定》の看板を堂々と出すにはちょっと敷居が高いと思う方は、《マクロビと同じ陰陽論に基づいたこころのカウンセリング》あたりで留めておくのもひとつです。

相性を考える

このように、同じようなカテゴリーの異業種コラボは相性が良い組み合わせです。

相性判定の基礎知識を組み込んで、マーケティングビジネスを考えてみます。

相性とは、お互いの共通項がある程度あることで、理解度があり、かつ、補完の良さが成立する関係です。皆様ご存知の相生相剋理論でいうと、程良く相生され、程良く相剋される関係で、そのバランスが最も難しいかもしれません。

私はフラワーアレンジメントをやっていましたので、相性というと、花の組合せを想定しながら捉えています。

例えば、菖蒲とアヤメは非常に似ています。厳密に言うと違う花のようなのですが、両方とも同じアヤメ科アヤメ属です。

では、この菖蒲とアヤメが相性が良いかというと、誰がみても変な組み合わせだとは思いませんが、わざわざアレンジする程もない、同質です。

良い組合せというのは、アレンジすることで、お互いが引き立つ関係を良しとします。

菖蒲とアヤメだと、誰がみてもおかしいとはいいませんが、すごいね!とも言いません。

折角苦労して組合せても、永遠に勝負とアヤメです。

同化というのが、果たして相性が良いかどうかです。

例えばスポーツをしていて、積極的で素早く動く女性が、同じような女性と組んでも《早く動く女性の集団》という一括りにされて、本人の長所が引き立つことはありません。かといって、のんびりしている集団と組むとストレスですから、それが相性が良いとも言えないわけで、このように相性とは、一言良い悪いと簡単に言い切れるものでもないのです。

結婚の場合も同じで、自分がのんびりしているから、同じようにまったりしている相手の方が、違和感は感じず《自分らしく》生きることができます。

これは、菖蒲がアヤメとアレンジされることで、《自分らしく》見えるのと同じです。

相性で言えばもう一つ、どちらかが主役になると決まっていれば、これは比較的簡単です。

バラとカスミソウがそうです。バラもカスミソウも、主役はバラだと思っていますし、これはすみわけがきちんと出来ています。

つまり、相手と力量やキャラが全く違っていて、主従関係が明確な組み合わせ、これは相性が良いと捉えます。

 

算命学、異業種とのコラボ

さて、算命学とマクロビオティックの相性を考えます。

これは、同根異種の場合です。

例えば、チューリップと水仙は同じ球根花です。私は白磁に花の絵を描くのですが、これは相性の良い組み合わせです。チューリップとバラよりも、何となく落ち着きがありしっくりときます。

勿論マイセンやヘレンドなどには、チューリップとバラが盛り込まれたモチーフを見ることはありますが、これは王様と王妃の関係であれば上手くいき、その他にたくさんの小花が取り囲んでいるという事に限定されています。

話が大分それました。

つまり何がいいたいかというと、算命学とマクロビオティックは、チューリップと水仙の関係で、同じ季節、球根科という同根異種のため、相性が良い組み合せと捉えます。

つまり、チューリップが好きな人は、比較的水仙も受け入れやすい素地があります。勿論水仙のあの匂いが嫌いというのはあるでしょうが、チューリップのマーケットと、水仙のマーケットは比較的同じであるため、お互いを引き立てる効果もあり、アレンジも上手くいくという感覚です。

そういう意味では、算命学とマクロビや薬膳レストランは相性がとても良いのではないかと思うのです。

 

今まで、算命学はどうしても《占い》要素が強く、横浜中華街の占い師の方々のイメージが強く、独特の業界から抜け出ていません。受ける方もあのスペシャル感がワクワクして楽しいというのもありますが、中々セッションを受ける機会が見つかりにくいのも事実です。

マクロビレストランで、気軽にセッションを受けることが出来たら、少し敷居が低くなり、悩める女性達のサポートステーションの役割も果たすのではないでしょうか?

若い女性達に対して、経験豊かなお母様世代の女性達の方がいいんです。人に役立ちたいという気持の豊かな女性達が、ちょっとお洒落して、お洒落な空間で算命学のカウンセリングをされたら、素敵ではないかな…と思うのです。

「今週は忙しすぎて、きちんとしたご飯食べていないし… 会社帰りに、独りでマクロビレストランにいって、きちんとしたご飯食べながら、セッション受けて、気持ちを整えよう」という、心と身体のケアをできるような空間があったら面白いですよね。

勿論ご自身が薬膳やマクロビ料理を作る必要もなく、そのような空間でそのようなサービスを行わせて貰うというのであれば、現実的だし、素敵ではないでしょうか?

営業されるには、少し薬膳なりマクロを知って戴きたいので、よろしければ、一般社団数理暦学協会のブログ記事にて、マクロビオティックや薬膳について記事を掲載していますので、お時間がある時にのぞいてみてください。

マクロビはマドンナやトムクルーズやニコールキッドマンが愛用していることで有名になったため、ハリウッドセレブが考案したと思っているかもしれませんが、実は明治のガチな男、桜川如一がガチに創りあげた日本の文化です。

世界に広めなければ広まらない!

高尾義政ご宗家も、晩年はパリで広めたい!という夢をお持ちでした。

お弟子様でもありました高尾学館の中村校長がフランス語に堪能なビジネスマンだった事もあるでしょうが、もしかしたら桜川如一先生の話が影響したのかもしれません。(これは私の想像です!)

もしご宗家が夢半ばで倒れることなくご健在でいらっしゃったら、算命学はいまどのように発展していたかと想像するのです。

もしそうなっていたら、どのような世の中になっていたのでしょうか?

もしそうなっていたら、どのような形で広められたのでしょうか?

などと、たくさんの事を想像しながら、ご宗家の想いに夢を馳せるのです。

人間の一生は時間という枠にはめられたものですが、夢には枠はありません。

次世代のどなたかが継承し、そしてまたどなたかが継承し、夢をつなぐ人達が生まれることを祈っています。

 

マクロビオティックも算命学も、古代中国理論を基礎として、日本人が作りあげた文化ですから。

日本は文化の終着点、永い間そうだったものが、産業の発展により、太平洋を渡ってアメリカに上陸し、地球を一周して戻ってくると、世界の文化になるようです。

文化とは水の流れと同じ事。それまで日本で終わっていたものを、太平洋を渡ることで、世界の●●になるのかもしれません。

 

拝、

 

山脇史端

 

 

 

算命学は天命を知る学問・・・天命とは何だ?!

算命学の命を、寿命だと思われる方がいらっしゃっいます。

生命を算術する学問だと思われ…

《私の寿命を教えて下さい!》と聞かれることがあるのですが、算命学の命とは、寿命のことではなく、天命の事です。

つまり、算命学とは、天命を算術する学問という事になるでしょう。

それでは、「天命とは何か」という事になります。

天命とは何だ?

清水南穂先生から伺いました、ご宗家のご説明によると、天命とは、《日干を通して見える世界》ということになります。

つまり、天は、《日干を通して天命を再現させて見せている》ということになるのです。

それでは、《天》とは何か?となりますと、算命学は道教を通して成立している為、キリスト教やイスラム教のようなイメージの《神》ではなく、私達日本人の感じる《神々》つまり、自然神という事になるのです。

その神々、つまり万物に宿る自然神、全ての源といいましょうか、ボスといいいましょうか・・・

万物に宿る自然の全ての神々にエネルギーを与えている者は何かというと、太陽神と月神様です。

万物に宿る自然神とは、地球上全ての生命体に宿る神々です。

つまり、この世に生まれたものに全て干支暦という生年月日を持たせました。

この干支暦は、皆様ご存知のように、太陽神と月神様の動きを計測して定めたものです。

つまり、《日干を通して見える世界》とは、干支暦の日干をCoreとして、その星を取り巻く天体の動きを反映したものが、自然が我々に定めた天命、つまり宿命という事になるのです。

日干とは何か?

それでは次に《日干》とは何か?という事になります。

《日干》とは《日干支》の十干の部分です。

干支は皆様ご存知の通り、六十干支で構成されております。

この六十干支という十干と十二支のユニットが、グルグルと日めくりカレンダーのように回転しているのが、日干支の構造です。

それでは、いつ、誰が、この日めくりカレンダーをめくり始めたと思うでしょうか?ちょっとクイズです。

① 聖徳太子

② 安倍晴明

③ 殷王朝の始祖契

答は勿論ご存知の通り、③です。

皆様の学ばれた算命学の学校では、既に学ばれご存知の事かと思いますが、もう少し勉強されたい方は、一般社団数理暦学協会のブログで《運命学の歴史》を書いていますので、フォロー戴ければ助かります。

そう、何と驚くことなかれ、これは3500年以上前からずっと廻っているのです。

算命学が3500年の歴史と言われている理由

《算命学は3500年の歴史ある学問》という言葉は多くの書籍で眼にされたことかと思います。

なぜかというと、殷王朝から伝わる干支暦を用いた学問であるためそう言われているのです。

考えてみて下さい!

すばらしいロマンだと思いませんか

3500年前から、ずっとグルグルと六十干支が回転しており、その延長戦上に自分がいるのです。

太古の昔から繋がっているように感じますよね。

その素晴らし事実を、日本人は捨て去ってしまいました。

いつ捨てたのかって?

そう、ご存知の通り、145年前、明治5年にグレゴリオ暦に改暦したことにより、旧暦文化を時代錯誤のものだと政府が否定したことで、今の状況となっています。

明治政府は、薩長藩閥で成功しました。あれくらいの抜本的改革は、地方の力なくしては成しえなかったと思いますが、彼らは欧米模倣主義に走った為、日本に古くから伝わる東洋の文化を切り捨てました。

その中に、皆様ご存知の通り干支暦文化が含まれているのです。

故に、日本から一歩外に出ると、干支暦文化はきちんと継続されています。

その様子は、韓国文化から紐解く陰陽五行文化 のブログを参照下さい。

陽占

つまり、天命とは《日干を通して再現される世界》となります。

算命学では、それを具現化しています。そう、皆様既にお気づきの通り、陽占になります。一般社団法人数理暦学協会の干支暦学では実相と呼びます。

実際、古書では実相とあり、陽占とは高尾先生のつけられた名称かと思っております。

長崎で誕生された高尾先生は、20代に東京に上京されます。

今のように交通が便利でスマホがある訳でもない時代の上京とは、故郷を離れ自力で苦労しながら頑張らねばならない、大変な時代だったと思います。

高尾先生が上京されたばかりの20代の頃、清水先生は上野にて先生の講演会に行かれたご経験がありますが、現在の算命学のような《占い的》なものではなく、中国古典を教えるという非常に学術的なものであり、故にまったく人気がなかったとお話しになっていらっしゃいます。

その数年後に高尾先生と再会された時、算命学が占いとして大成功しているのをみて、商業的な形として、占いに特化したのだなぁと思ったと仰っていらっしゃいました。

尚、私の師匠、清水先生は高尾先生と同じ年、東京浅草生まれ、浅草一の靴問屋の御曹司で、子供の頃から占い大好き。その為、若い頃から《中国古典》というと色々なセミナーに積極的に出ていらっしゃっり、20代の高尾先生の講座にも出席されていたのです。

あの時の難しい学問が数年後に算命学という占いとして大成功していたと清水先生は語っていらっしゃいますので、陽占の星々の名前は高尾先生の命名かと思っております。(高尾先生は25年前にご逝去されていらっしゃるので確認は出来ません。)

陽占とは、人生のお役目

つまり、日干が具現化した世界、陽占にその人がこの世に誕生してきた役割が描かれているということになります。

そして、その再現が出来なくなった時は、この世に生きている意味がなしということになり、死に至ると書かれております。

死は大げさにしても、陽占に描かれている星のどれかひとつでも動かなくなると、運勢の稼働率は悪くなります。

腰が痛いから動けない・・・のと同じ感じ…。

つまり、陽占に現れている星が稼働しなくなると、生きる意味を失い死に至るということのようです。

勿論、いきなりは死にません。

人間の身体と同じで、例えば、脚が弱くなり、立ち上がれなくなり、食べ物が食べれなくなり、物を考えられなくなる・・・そのように段々と各機能が弱り、最期は全機能が停止するという形です。

それではどうすれば良いでしょうか?

ここでは、数理法と守護神法です。

このように、干支暦学の素晴らしさは解決法があることで、PCゲームのようにこの敵を倒すには何の武器を用いれば良いか…と同じ、色々な技法が用意されております。

つまり、自分に与えらえたエネルギーの中で一番点数が高いものから消化していくのです。

最高点のものが守護神なら、これを動かさない限り運勢は稼働しません。

もし忌神が最高点の場合、当然、この部分を避けて通ろうとします。

イメージして下さい。ゲームだとしたら、一番嫌な奴が一番強烈で、そいつを倒さないと前に進めないのです。

どうすれば良いか…これが軍略です。

もし若ければ思いっきり倒そうとチャレンジした方がいい。これで実力が身について、社会にでてからどんな苦手な人に出会ってもやっていけます。

自分の中の最高の嫌な部分を倒したのですから。

しかし、これ自分で自分の嫌な部分を倒すなんて…年齢を重ねると出来なくなります。

年齢を重ねるにつれ、誰も自分を可愛がってくれなくなりますから、自分で自分を可愛がるようになるからです。

辛くても、お母さん~!って逃げ込めませんものね。

それではどうしたら良いか。

他人に、自分の嫌な部分を倒して貰うしかありません。

故に、もしあなたが龍高星というものがあり、これが忌神から出ていたとします。故に、折角の龍高という星がありながら、動きが悪い。

動かない。

口ではいつも動きたいと言う。

テレビでイタリアの風景なんかをみると、「あぁ行きたい。今の生活から早く脱したい」言いますが、行動が伴わない。よくみると、陰占の忌神から出ているため、どうしても二の足を踏んでしまうのです。

しかし、結論からいったら、この龍高星を生かしかありません。

天から与えられた命令、つまり天命だからです。

つまり、好奇心を持って学ぶ事を目的に身体を動かさない限り、運勢は動きださないのです。

しかし、忌神から出ている場合、一番苦手な分野なのです。

そのため、会社を休んでまで自ら行こうとはしませんから、商社や海外との取引が多い仕事を自ら選んで、他人から動かしてもらうしかないのです。

苦手だが天命で与えられている星のエネルギー消化の方法は、アリストテレスではありませんが、(興味ある方はアリストテレスの記事を参照下さい)まずその星を演技してみて身体に慣れさせることが肝要です。

人生は一度きり、思いっきり陽占の星を動かしましょう。

陽占の星が分からない方は、こちらから探してみてください。

算命学は人を幸せにする学問です。

干支暦学入門講座を開催しますから、よろしければ是非ご参加下さい。一日でも学ぶと違います。

自分を知りたい方には是非一度学んで戴きたいと願っております。

 

山脇史端

天将星 子供に苦労をさせる方法

皆様ご存知の通り、運勢とは陰陽五行論で構築されていますので、何事もYesとNoの2つに分けながら、考えていくことが基本です。

故に、子育て方も、《苦労をさせた方が良い子供》と、《苦労をさせない方が良い子供》いう2つのパターンに分かれます。

苦労をさせた方が大きく伸びる子供

技法的には、子供の時に苦労をした方が絶対に大きく伸びる命式は、

  • 天将星・天南星・天恍星
  • 北方の星が龍高星・調舒星
  • エネルギー指数が240以上ある者
  • 子丑天中殺・辰巳天中殺・戌亥天中殺
  • 生年天中殺・生月天中殺
  • 大半会所有者
  • 大運初旬天中殺

いつ苦労させたら良いのか?

次にいつ苦労をさせたら良いのかという問題です。

あまり小さい頃は、親は苦労を強いられますが子供は守られている場合が多く、子供にとって辛いと思うのは、12歳前後~20歳位までの間だと言われています。つまり、年代でいうと、天恍星・天南星の年齢です。昔の元服は13歳
干支が一巡する12歳を超えた頃から大人の仲間入りなので、この頃がベストなゴールデンタイムでしょう。

どのような苦労が良いのか。

そもそも、苦労とは何かを解析していきましょう。

苦労とは、苦い労力です。苦い想いをしながら、努力し続けることです。

苦いということは、甘い労力もあるのでしょうか?

緩い労力、甘い態度でも許される労力が甘い労力かもしれません。

そもそも、なぜ子供の頃に苦労をした方が良いかというと、先程の技法的条件をみて戴いてお分かりの通り、エネルギーが強いからです。

エネルギーとは、得意なものや甘いものにはあまり消化しませんが、不得意な事や嫌な事には対しては大いに消化します。

小さな石を動かすより、大きな石を動かした方が力が必要ですよね。

故に、子供の頃にエネルギーを発揮する事を身体に覚えさせておかないと、運勢が稼働しないというのです。

これについては、ギリシャ哲学でも同じようなことをアリストテレスが言っています。

ご興味ある方は、わが子にどう苦労をさせるか by アリストテレス を参照してください。

このブログは、高尾先生の算命学を守り伝えることなので、他文化との比較論は行いませんが、一般社団法人 数理暦学協会の方では様々な文化との比較を通して運命学を考察しています。

ご興味ある方は、こちらのブログを参照戴ければと思います。

エネルギーが強い人も弱い人も、必要なことは《中庸を保つ》ことです。

実は、エネルギーが強い人は簡単です。エネルギーを使えば良いのですから。

小さな石を動かさず、大きな石を動かすように頑張れば良いのです。

問題は、エネルギーが低い人の活用法です。

エネルギーが低い場合それをどう補填するかです。

鑑定士は『おたくの息子さんは、エネルギーが低いよ』と鑑定すれば任務を遂行したことになるのですが、カウンセラーはそうはいきません。

お母様方の『それでは、先生どうすれば良いのですか?』という質問に共に考え、アドバイスをする必要もあるのです。

感覚で捉えていはいけません。論理的に解析しながら伝えないと、相手も混乱しますし、気持ちがすっきりしないでしょう。

クライアントさんは、気持ちが混乱しているから訪れているのですから。

これについては、次のブログで考察していきたいと思います。

中庸という考え方は東洋でも西洋でもなされておりますが、東洋の思想を理解するためには、西洋の思想を理解することが大切で、西洋の思想を理解するためには、東洋思想を理解することが大切です。

なぜかって?

そう、陰陽理論に基づいているからです。