算命学ビジネス考察《算命学とマクロビオティック》

算命学にご興味をお持ちの方に、《算命学と出会ったきっかけ》を伺ったところ、結構多かったのが、マクロビオティックに興味を持ち、陰陽五行論について調べていたらこのような学問があったことを知りました!というご意見でした。

ローソンにいくと、マクロビコーナーがあったり、雑誌などでも美容特集やストレスケアコーナーで特集が組まれていたり…

食・こころを繋げていくと、陰陽五行論をベースにしたマクロビと算命学は相性が良いのかもしれません。

 

算命学×マクロビオティック

マクロビは、マドンナのお陰でオシャレなイメージが定着していますし、マクロビレストランやカフェも多く、お洒落な女性が気軽に集まりやすい空間です。

最近は、マクロビカフェやレストランを見る事も多く、どこも意識の高い女性達に人気です。

《算命学カウンセリング》というと占いっぽくなるので…

マクロビと同じ《陰陽五行論による人生アドバイス》とすれば、お店とのコラボや協力も受けやすく、コラボ展開にも良いのではないかと思うのです。

勿論、思いっきり占いをやりたい人は思う人はコラボなんてせずに《算命学占い》の看板の方が良いでしょう。

しかし、《算命学鑑定》の看板を堂々と出すにはちょっと敷居が高いと思う方は、《マクロビと同じ陰陽論に基づいたこころのカウンセリング》あたりで留めておくのもひとつです。

相性を考える

このように、同じようなカテゴリーの異業種コラボは相性が良い組み合わせです。

相性判定の基礎知識を組み込んで、マーケティングビジネスを考えてみます。

相性とは、お互いの共通項がある程度あることで、理解度があり、かつ、補完の良さが成立する関係です。皆様ご存知の相生相剋理論でいうと、程良く相生され、程良く相剋される関係で、そのバランスが最も難しいかもしれません。

私はフラワーアレンジメントをやっていましたので、相性というと、花の組合せを想定しながら捉えています。

例えば、菖蒲とアヤメは非常に似ています。厳密に言うと違う花のようなのですが、両方とも同じアヤメ科アヤメ属です。

では、この菖蒲とアヤメが相性が良いかというと、誰がみても変な組み合わせだとは思いませんが、わざわざアレンジする程もない、同質です。

良い組合せというのは、アレンジすることで、お互いが引き立つ関係を良しとします。

菖蒲とアヤメだと、誰がみてもおかしいとはいいませんが、すごいね!とも言いません。

折角苦労して組合せても、永遠に勝負とアヤメです。

同化というのが、果たして相性が良いかどうかです。

例えばスポーツをしていて、積極的で素早く動く女性が、同じような女性と組んでも《早く動く女性の集団》という一括りにされて、本人の長所が引き立つことはありません。かといって、のんびりしている集団と組むとストレスですから、それが相性が良いとも言えないわけで、このように相性とは、一言良い悪いと簡単に言い切れるものでもないのです。

結婚の場合も同じで、自分がのんびりしているから、同じようにまったりしている相手の方が、違和感は感じず《自分らしく》生きることができます。

これは、菖蒲がアヤメとアレンジされることで、《自分らしく》見えるのと同じです。

相性で言えばもう一つ、どちらかが主役になると決まっていれば、これは比較的簡単です。

バラとカスミソウがそうです。バラもカスミソウも、主役はバラだと思っていますし、これはすみわけがきちんと出来ています。

つまり、相手と力量やキャラが全く違っていて、主従関係が明確な組み合わせ、これは相性が良いと捉えます。

 

算命学、異業種とのコラボ

さて、算命学とマクロビオティックの相性を考えます。

これは、同根異種の場合です。

例えば、チューリップと水仙は同じ球根花です。私は白磁に花の絵を描くのですが、これは相性の良い組み合わせです。チューリップとバラよりも、何となく落ち着きがありしっくりときます。

勿論マイセンやヘレンドなどには、チューリップとバラが盛り込まれたモチーフを見ることはありますが、これは王様と王妃の関係であれば上手くいき、その他にたくさんの小花が取り囲んでいるという事に限定されています。

話が大分それました。

つまり何がいいたいかというと、算命学とマクロビオティックは、チューリップと水仙の関係で、同じ季節、球根科という同根異種のため、相性が良い組み合せと捉えます。

つまり、チューリップが好きな人は、比較的水仙も受け入れやすい素地があります。勿論水仙のあの匂いが嫌いというのはあるでしょうが、チューリップのマーケットと、水仙のマーケットは比較的同じであるため、お互いを引き立てる効果もあり、アレンジも上手くいくという感覚です。

そういう意味では、算命学とマクロビや薬膳レストランは相性がとても良いのではないかと思うのです。

 

今まで、算命学はどうしても《占い》要素が強く、横浜中華街の占い師の方々のイメージが強く、独特の業界から抜け出ていません。受ける方もあのスペシャル感がワクワクして楽しいというのもありますが、中々セッションを受ける機会が見つかりにくいのも事実です。

マクロビレストランで、気軽にセッションを受けることが出来たら、少し敷居が低くなり、悩める女性達のサポートステーションの役割も果たすのではないでしょうか?

若い女性達に対して、経験豊かなお母様世代の女性達の方がいいんです。人に役立ちたいという気持の豊かな女性達が、ちょっとお洒落して、お洒落な空間で算命学のカウンセリングをされたら、素敵ではないかな…と思うのです。

「今週は忙しすぎて、きちんとしたご飯食べていないし… 会社帰りに、独りでマクロビレストランにいって、きちんとしたご飯食べながら、セッション受けて、気持ちを整えよう」という、心と身体のケアをできるような空間があったら面白いですよね。

勿論ご自身が薬膳やマクロビ料理を作る必要もなく、そのような空間でそのようなサービスを行わせて貰うというのであれば、現実的だし、素敵ではないでしょうか?

営業されるには、少し薬膳なりマクロを知って戴きたいので、よろしければ、一般社団数理暦学協会のブログ記事にて、マクロビオティックや薬膳について記事を掲載していますので、お時間がある時にのぞいてみてください。

マクロビはマドンナやトムクルーズやニコールキッドマンが愛用していることで有名になったため、ハリウッドセレブが考案したと思っているかもしれませんが、実は明治のガチな男、桜川如一がガチに創りあげた日本の文化です。

世界に広めなければ広まらない!

高尾義政ご宗家も、晩年はパリで広めたい!という夢をお持ちでした。

お弟子様でもありました高尾学館の中村校長がフランス語に堪能なビジネスマンだった事もあるでしょうが、もしかしたら桜川如一先生の話が影響したのかもしれません。(これは私の想像です!)

もしご宗家が夢半ばで倒れることなくご健在でいらっしゃったら、算命学はいまどのように発展していたかと想像するのです。

もしそうなっていたら、どのような世の中になっていたのでしょうか?

もしそうなっていたら、どのような形で広められたのでしょうか?

などと、たくさんの事を想像しながら、ご宗家の想いに夢を馳せるのです。

人間の一生は時間という枠にはめられたものですが、夢には枠はありません。

次世代のどなたかが継承し、そしてまたどなたかが継承し、夢をつなぐ人達が生まれることを祈っています。

 

マクロビオティックも算命学も、古代中国理論を基礎として、日本人が作りあげた文化ですから。

日本は文化の終着点、永い間そうだったものが、産業の発展により、太平洋を渡ってアメリカに上陸し、地球を一周して戻ってくると、世界の文化になるようです。

文化とは水の流れと同じ事。それまで日本で終わっていたものを、太平洋を渡ることで、世界の●●になるのかもしれません。

 

拝、

 

山脇史端

 

 

 

高尾義政氏と算命学(清水南穂氏著)①

私は、2000年4月に始めて清水南穂先生にお会いし、氏の類まれな善良さと算命学の知識の深さに感銘を受け、個人教授という形で算命学を学ぶという非常に贅沢な学びの経験を戴きながら今に至ります。

このブログでは、2012年8月27日から1年かけて先生にインタビューし、先生の回顧録という形で、故高尾義政文学博士(ご宗家)との想い出、及び算命学の成立した過程をまとめたものを、ご紹介していこうと思います。

 

はじめに  

私が算命学と出会い四十二年、平成二年六月二日に算命学第十三代ご宗家、高尾義政氏が急逝されてから二十三年もの月日が流れた。

平成二十四年は、ご宗家の二十三回忌。

私は毎年欠かすことなく、ご宗家のご命日に嵐山まで伺っている。

永い間ご宗家のお墓をお守り下さっていた、松川由子女子(安寿様)も平成二十五年に旅立たれてしまわれた。

安寿様とは、共にご宗家から算命学を学んだ同窓だ。実際には、入門時期は我々より遅かったため、後輩となるが ご宗家一筋。ご宗家が亡くなられた後もずっと御守りして下さっていた。

ご宗家が急逝される直前の事だ。体調の不調と反比例するかのように感性が研ぎ澄まされていかれた晩年のご宗家が、算命学を祀った寺院を建立することを願われた。

どこの地が良いか探しまわっていらしたご宗家が、選ばれた地は、埼玉県嵐山だった。そこに 算命学を祀った寺院、倫道観寺を設立することになった。 その際、安寿様は 倫道観寺を護る役割を自ら担われ、ご宗家から得度の儀式を戴き、京都で尼僧の資格を取得するため修行をされ、そして、いよいよお寺の建立の準備を始めようという時にご宗家が急逝されたのだ。

ご宗家の死によって、お寺が建立される話もなくなり、埼玉県嵐山に準備室として用意された民家にて、ご宗家の奥様と共に祀っていらっしゃった。安寿様は奥様の没後もずっと護っていらっしゃった。

その安寿様が 今年亡くなられた。

私自身も 古希を超え、このままだと算命学という学問は残ってもご宗家の存在の記憶が次の世代に伝えられて行くのだろうかと、案じている。共に学ばれた方々もいなくなり、私自身に残された時間も限られている中、私の行うべき役割を考えてみた。

私の役割は、様々な情報が溢れている今だからこそ、正式な算命学の知識を 次の世代に伝えることにある。多少焦る気持ちもあるが、その為には、まず、ご宗家について語ることから始めたい。

算命学はご宗家が残された我々へのメッセージであり、その偉業は完成することなく 終わってしまっている。

そして 私の知る算命学ご宗家、高尾義政氏は類稀なる人格者であり、優しく、大きく、人間の弱さと優しさと脆さを兼ね備えた純粋な人物であった。

学問の深さも並大抵ではなく、最期に残された博士論文に至っては、専門の教育を受けた経歴のない人物が書けるようなものではない。

書き上げるのに 如何なる努力と苦労をされたのか。その測り知れない能力には ただただ感服するのみである。

又 逆から言えば、専門の教育を受けていかなったからこそ 独特の視点を持つことが出来、物事を純粋に捉えることが出来たのかもしれない。

いずれにしても ご宗家の偉大すぎる功績を、いつの日か、誰かが引き継いでこの学問を更に昇華してくれる時のために、今私に出来ることは、ご宗家について、私の知り得ることを書き残すことなのだ。

算命学という学問は、源流となる物の考え方が大切だ。

私の直門下生の皆様には、ご宗家に学んだ算命学を、ご宗家から学んだままの姿で伝えている。

私の方で新しく脚色したものは一つもない。純粋な意味での ご宗家の算命学であり、また それ以上のものはない。

算命学とは、ご宗家が生命を削って作り上げた 俊玉の賜物なのであり、我々日本人に残したメッセージなのだ。

そのためには、まず ご宗家と私との歴史 関係性を語る必要があるだろう。

平成二十五年 九月末日

算命学第十三代ご宗家 高尾義政氏 直門下生

日本算命学会 清水南穂