算命学の鑑定

前回のブログ《算命学を仕事にする方法》では、初心者が鑑定士とセミナー講師の両方をがんばろう!と目標にするのは、どちらつかずになりやすいから推奨しないというお話しをしました。

算命学を仕事にする!というと、鑑定士・占い師・カウンセラーが一般的なようなので、今回は、鑑定士になるにはどうすれば良いのか、という観点から考察してみたいと思います。

尚、当協会は、算命学を学ばれた方々と意見交換をしながら、業界を発展させていくこと、高尾義政ご宗家と清水南穂先生の教えを正しく次世代に継承することをミッションとしています。

皆様のご意見・ご投稿大歓迎ですので是非宜しくお願い致します。

鑑定師か鑑定士か

鑑定師か鑑定士かどちらを名刺に書いたら良いかというご質問を受けることがあります。

師というと、医師・牧師・美容師という言葉があります。

師匠や《師の教え》とも言いますので、学問・技芸を教授する先生・その道の専門家の総称のようです。

一方、士は、弁護士・税理士・学士などであるようです。

これについては、Yahooの知恵袋にとても分かりやすい説明がありましたので、ご参照下さい。

その中で、士は、「才能をもって官に使える者」

師は、人の集団を導く者」あるいは「教え導く者」という記載がありました。

算命学は、古代中国より続く推命学の知識を有する家系に生まれたか、師匠より伝承された学士、呉仁和師が第2次世界大戦後、中国共産党政権の樹立と共に長崎に亡命、その長崎で呉仁和師より知識の伝承を受けた高尾義政氏により日本に紹介されたという北方算命学と、同じくその知識を有する学士が台湾に亡命し、台湾にてその知識の伝承を受けた西川満氏により伝えられたという南方算命学の2経路があります。

推命学そのものは王朝に仕えた官僚(学士)により継承された知識であるため、鑑定士の方が個人的には好きな言葉ですが、陰陽師は師になりますので、鑑定師と書かれる方を好む方も多いようです。

いずれにしても、これは個人の考え方に基づくものであり、規定はありません。

算命学の資格制度

算命学は国家資格ではない。ということは、任意団体による許可制の資格に過ぎません。

家元制のような仕組みで教えている所もあるようですが、家元制についてWikiで一度みてみましょう。

それによると、世襲による流儀の芸事に関する規範性・正統性を求め、流儀の同一性を保持することとあります。

算命学は、故高尾義政博士が編纂された学問であり、博士ご存命中から、その門下生方はご宗家とお呼びしていらっしゃいました。

ご宗家という名称そのものは家元制的な名称でありますが、残念ながら高尾先生にはお子様がいらっしゃらず、また、お弟子様の中で正式にその知識の伝承を継承された方はいらっしゃいません。

清水南穂先生のみがご宗家より正式にお名前の拝命を戴きましたが、それ以外にご宗家が認証された方はいらっしゃいませんので、家元制は成立しないと思います。48歳で突然のご逝去でしたので、残念ながら致し方ない状況だったのだと思うのです。

故に、この業界は、各任意団体校による免許皆伝の許可を得ての開業となります。

逆に言えば、許可を得なくても、看板を掲げる事は可能になります。

算命学開業の届出

管轄する役所はないため、役所関係は税金の申告のみになります。

つまり、誰でも《算命学鑑定士》又は《算命学鑑定師》と名乗ることは可能です。今の場合、名刺とHPなどを作れば、開業は可能です。

問題はそこからです。
素人と玄人 玄人=Professionalとしたら、プロとは何かここが非常に難しく、その覚悟なく始められると、一過性に終わります。

その前に、何のプロになるのか。

占い師になるか、鑑定士になるか、カウンセラーになるか、少し明確に考えてみましょう。

これは次のブログで皆様と共に考えていきたいと思います。

算命学を仕事にするには…

前回のブログでご説明した通り、算命学の知識を活用してのビジネス展開を考える際に必要なことは、仕事の方法、顧客対象、そして、内容の充実です。

算命学を仕事にする方法

算命学を学んだ方々が、仕事へと活用される時に考えられる職種は、鑑定士(カウンセラー・占い師)・セミナー講師(インストラクター)・従来の仕事とのドッキングの3パターンかと思います。

今から50年前、ご宗家がご指導されていた時代、算命学を仕事にした方は修了者の1割程、その内女性の100%は占い師、男性の場合、鑑定士とセミナー講師に分かれていたとのことです。

セレブな女性の教養講座としての算命学

他の90%の修了者は、女性が多い事もあり、教養として終わったそうです。当時非常に高額な算命学講座を5年以上受講された方は、清水先生曰く、セレブな女性だったのだそうです。そういう意味ではセレブな女性の教養としての位置づけになります。

修了者になるには最低5年間の研鑽が必要で、修了者まで至る事が出来る人は入門者の1割程度とのことでしたので、仕事へと結びつける事は大変難儀な業界です。

しかも、受講生の1割程度しか男性ではなかった為、清水南穂先生のように現在も現役でご指導される男性指導者は数名しかいらっしゃらない事も頷けます。

算命学は、最低5年の年月が必要か?

仕事にするには最低5年の年月が必要である…というのが業界の常識となっていますが、それは全ての技法を暗記し、その結果を頭で算出する場合であり、IT化が進んでいる現在、少し時代錯誤のようにも感じます。

その証拠に世間には数多くの《占いアプリ》が出ています。

生年月日を入力するタイプのものは、算命学の技法を用いているものも多く、結構当たっているなと思うのが実感です。

あのレベルの言葉を果たして5年間勉強した習得者が一瞬の内に口から出るかというと、逆に厳しいのではないかとも思うのです。

元々、算命学は代数理論で構築されているため、アルゴリズム化しやすいのです。天理の理とはそういう意味で、誰がやってもきちんと計算さえすれば、的確な答えが出るのです。

ITが出来ない事は何かというと、相手の話を聞いて、心をケアすることでしょう。

そう考えると、算命学というデータベースを用いながら対面し、相手の悩みの目的を明確化しアドバイスするというのが人間の役割と、役割分担を明確にすることで、データベースを活用したカウンセラーという新しい職種が誕生すると思うのです。

一般社団法人数理暦学協会は、そのような人材育成に尽力しております。

鑑定か?セミナー講師か?

算命学をビジネス展開される際、鑑定しながら教えたいという方がいらっしゃいます。気持は良く分かりますが、ほとんどの場合どっちつかずで、結局どちらにも自信が持てずに終わっている方が多いようです。

私のように18年間、毎日欠かさず勉強している人間は、100%自信を持って教えることも、鑑定することも出来ますが、若葉マークの方はどちらかに絞られることをお勧めします。

理由は、セミナー講師のプロと、カウンセリングのプロとでは、使用する知識と解釈法が大きく違うからです。セミナー講師は丙火的伝達能力、カウンセラーは、丁火的伝達能力と言った方が皆様には分かりますよね。どちらも、丙火は乙木的質が必要となり、丁火は甲木的質が必要となります。

二兎追う者一兎をもえず…

ちなみにこの言葉は、中国故事ではなく、ローマの諺からの転用、昔から洋の東西関係なく想う所は同じようです。

次回は、この両者の利点と必要な事を考察してみたいと思います。

 

 

算命学のマーケット考察

算命学を仕事にしている方々の悩みは、算命学は一生を俯瞰できるため、リピーター性が低い事にあるのではないでしょうか?

タロットの場合、鑑定者の感性と偶然性を使用する為、3か月先までという近未来の予測術を得意としています。そのため、受ける側は3か月毎に通うため、リピーター性が高いようです。

古代中国の統計学であるこの学問は、人生全体を見渡せるため、満足度も高い代わりに、リピーター性も低く、そこに定着率の悪さとビジネス展開への課題があるのではないかと思うのです。

それにはどうしたら良いのでしょうか?

分析しながら一緒に考えていきましょう。

この業界は、お客様の85%が女性。

その中で一番多い相談内容は、結婚/恋愛・育児、前者は独身者、後者は既婚者の相談内容です。

結婚・恋愛・育児において信頼関係を築く事と、鑑定の方法を考察することに、ヒントがあるかと思うのです。

算命学だからこそ、結婚をまずは数字で捉えよう

東京都の平成30年2月28日のデータによると、東京都の女性人口は、6,843,276人

2016年5月10日のYahooニュースの記事によると、東京に住む独身女性の割合は42.7%になります。

平成30年と平成28年のデータの併用となりますが、東京都に住む独身女性数は、2,922,078人とすると…

東京には、約290万人の独身女性が存在しており、結婚に対して非常に揺れ動く気持ちを抱きながら、刻々と過ぎていく時間の中で頑張って生きているという構造になります。

算命学は統計学です。

だからこそ、仕事にしたいと思った時、まず、そのようなマーケットを数字的に把握し、次にどんな女性が何を考えているのか、具体的に捉えていく必要があります。

そのようなプレゼンが出来る人材を育成して始めて、算命学は占いではなく統計学だということが、市場でも認知されるのではないかと思うのです。

ビジネスマインドのある人材育成は、一般社団法人数理暦学協会に委託しておりますので、ここではシンプルに、算命学をカウンセリングビジネスにする場合の市場の可能性を考察していきたいと思っております。

算命学とペルソナ

市場を考察するにあたり、まずペルソナという手法を用いながら、何回かに分けて考察していこうと思います。

これは、当協会のサポーターの先生方にもアドバイスを戴きながら、皆様と共に考えて行きたいと思いますので、是非気楽に投稿戴けたら助かります。

ペルソナとは、ユングが用いた言葉としても有名です。

深層心理学の祖と言われるユングは、人間の外側の側面をペルソナ(仮面》と呼びました。

算命学でいう陽占の部分がペルソナかもしれません。

算命学でも職業の考察には陰占ではなく、陽占を主軸に用いますね。

算命学の職業的未来を考察するにも、ペルソナは有効的な方法でしょう。

次回から、ペルソナの説明と共に算命学マーケットについて少しずつ考察していきたいと思います。

詳しくは、協会のお茶会などで皆様と意見交換をしたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。