貫索星

貫索星とは何か、一言で表すと、
「垂直思考型」。

陰陽五行理論で区分けすると、
陽の木性であり、
十干で符号させると「甲」と同じカテゴリー。
「甲」は、空間イメージでいうと、「樹木」であり
樹木とは、しっかりとした根を張ることで、
上へ上へと上昇していく。

逆に言えば、根が張っていないと、
いつまで立っても不安定で、
人生に不安が付きまとう。

それでは、その「根」はどこに張るかというと、
「土」に張る訳ですから、
現実的な環境が安定していないと根が張れない、
廻りから信頼されていないと根が張れない

陰陽五行を用いると、
そのように解釈して訳です。

算命学の教科書には、
貫索星とは、
「頑固」「自我心」「独立心」とありますが、
それは、つまり、どういうことか!

私たち算命学カウンセラーは、
ひとに優しい言葉で
伝えなければなりませんから、

この人たちを、
「自分とは何か」という意識の強い人
「チームプレーより、
ひとりで黙々と行った方が
気持ちが安定する人」
と捉えてカウンセリングを行います。

「一人で黙々と行う事事ってありますか?」
「自分の事を、どういう人物だと思っていますか?」
「今の仕事に理念や目的を見つけていますか」
というように話かけていきながら、
一緒に答え見出していくのです。

貫索星所有者は
「ぶっきらぼうで
不器用な人が多い」ことも特徴です。
そのため、周りから誤解させることも多く、
孤立化していく人も多いようです。

兄弟が多い環境で生まれれば、
孤立化が許されない環境で育つことが出来るので、
バランスが取れて、
集団との付き合い方を学べるのですが、
少子化の時代、核家族の時代、
オンラインやネットワークが発達した時代、
ひとりで黙々と生きることが許される
環境で成長すると、バランスがとれずに、
貫索星の質は強まると思うのです。

しかし、人間は一人では
どうやっても生きていけません。
特に今のように多様化した社会では、
コンビニもあるし、ネット通販もあるし、
大丈夫なように思うかもしれませんが、
「生きる」とはそんな生易しいものではないのです。

貫索星は、守備本能が強く、
平和を愛し、動乱を嫌う性格なので、
「急激な環境変化に弱い」
「現状を固守したい」という性格が強く、
特に苦手な動乱の時代には、
その質が強まります。

それでは、これからの時代、
貫索星はどう生きたらよいのか。
それには、特徴である「垂直思考型」
という質を生かすことが大切です。

「垂直思考」とは何か。

根を張り、上を目指す思考法。
与えらえた枠の中で、物事を考える思考法。

どういうことかというと、

「AだからBであり、すなわちCである」
というように、
順番で答えを導き出す考え方です。

つまり、
貫索星の人物には、「筋道を通して」
伝えなければなりません。

今までの日本の教育は、垂直思考法でしたから、
日本人が自然に身についている考え方。
そういう意味では、
動乱期が終わり、
日本を創りあげてきた社会では
この「筋道を通した」考え方こそ、
社会の規範だったので、
貫索星は優位だったかもしれません。

しかし、左脳型の思考法なので、
不得意なことは、
新しい斬新な発想力が生じないこと。

時代がどうなるか分からない
これからの時代、
新たな発想力が必要な時代、
貫索星は、苦手ゆえに、どうしたら良いのか
方向性を見失いやすいので、
慌てずゆっくりと、
自分を作りだしてください。

言志四録の第71条に、

いさめを聞く者は、すべかららくきょかいなるべし。
諫を進むる者も亦須らく虚懐なるべし。 

という言葉があります。

ひとの意見は、素直に聞き入れること。
そして、ひとに意見するときも、
素直に無心の気持ちで行うこと。

但し、
第70条
凡そ、人をいさめんと欲するには、唯だ一団の誠意、
言に溢るる有るのみ。
いやしくも一忿疾ふんしつの心を挟まば、諫めは決して入らじ。

ひとに意見を言う時は、腹を立てたり、
自分に有利かどうか計算したりしてはダメで、
相手の事を思いやって情熱を持って話かけること。

この言葉を、貫索星の皆様に送ります。

最後までお読み下さり
ありがとうございました。

☆算命学理論×ITであなたの運命を紐解く☆

☆算命学の原理原則「干支理論」を学ぶ☆

☆言志四録を読む会(毎朝7時~7時15分)
(参加無料)

 

関連記事

  1. 数理法のエネルギー指数と極の世界

  2. 運命の遺伝

  3. 石門星

  4. 戌亥天中殺さんの天中殺時期

  5. 子丑天中殺考(下)2020年の時代予測

  6. 算命学理論と易経

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP