天将星 子供に苦労をさせる方法

皆様ご存知の通り、運勢とは陰陽五行論で構築されていますので、何事もYesとNoの2つに分けながら、考えていくことが基本です。

故に、子育て方も、《苦労をさせた方が良い子供》と、《苦労をさせない方が良い子供》いう2つのパターンに分かれます。

苦労をさせた方が大きく伸びる子供

技法的には、子供の時に苦労をした方が絶対に大きく伸びる命式は、

  • 天将星・天南星・天恍星
  • 北方の星が龍高星・調舒星
  • エネルギー指数が240以上ある者
  • 子丑天中殺・辰巳天中殺・戌亥天中殺
  • 生年天中殺・生月天中殺
  • 大半会所有者
  • 大運初旬天中殺

いつ苦労させたら良いのか?

次にいつ苦労をさせたら良いのかという問題です。

あまり小さい頃は、親は苦労を強いられますが子供は守られている場合が多く、子供にとって辛いと思うのは、12歳前後~20歳位までの間だと言われています。つまり、年代でいうと、天恍星・天南星の年齢です。昔の元服は13歳
干支が一巡する12歳を超えた頃から大人の仲間入りなので、この頃がベストなゴールデンタイムでしょう。

どのような苦労が良いのか。

そもそも、苦労とは何かを解析していきましょう。

苦労とは、苦い労力です。苦い想いをしながら、努力し続けることです。

苦いということは、甘い労力もあるのでしょうか?

緩い労力、甘い態度でも許される労力が甘い労力かもしれません。

そもそも、なぜ子供の頃に苦労をした方が良いかというと、先程の技法的条件をみて戴いてお分かりの通り、エネルギーが強いからです。

エネルギーとは、得意なものや甘いものにはあまり消化しませんが、不得意な事や嫌な事には対しては大いに消化します。

小さな石を動かすより、大きな石を動かした方が力が必要ですよね。

故に、子供の頃にエネルギーを発揮する事を身体に覚えさせておかないと、運勢が稼働しないというのです。

これについては、ギリシャ哲学でも同じようなことをアリストテレスが言っています。

ご興味ある方は、わが子にどう苦労をさせるか by アリストテレス を参照してください。

このブログは、高尾先生の算命学を守り伝えることなので、他文化との比較論は行いませんが、一般社団法人 数理暦学協会の方では様々な文化との比較を通して運命学を考察しています。

ご興味ある方は、こちらのブログを参照戴ければと思います。

エネルギーが強い人も弱い人も、必要なことは《中庸を保つ》ことです。

実は、エネルギーが強い人は簡単です。エネルギーを使えば良いのですから。

小さな石を動かさず、大きな石を動かすように頑張れば良いのです。

問題は、エネルギーが低い人の活用法です。

エネルギーが低い場合それをどう補填するかです。

鑑定士は『おたくの息子さんは、エネルギーが低いよ』と鑑定すれば任務を遂行したことになるのですが、カウンセラーはそうはいきません。

お母様方の『それでは、先生どうすれば良いのですか?』という質問に共に考え、アドバイスをする必要もあるのです。

感覚で捉えていはいけません。論理的に解析しながら伝えないと、相手も混乱しますし、気持ちがすっきりしないでしょう。

クライアントさんは、気持ちが混乱しているから訪れているのですから。

これについては、次のブログで考察していきたいと思います。

中庸という考え方は東洋でも西洋でもなされておりますが、東洋の思想を理解するためには、西洋の思想を理解することが大切で、西洋の思想を理解するためには、東洋思想を理解することが大切です。

なぜかって?

そう、陰陽理論に基づいているからです。

 

2件のコメント

  1. 娘は、天将2つ、また青年期に禄存を持っています。。苦労は、12歳〜との話を読み、安心しました。というのは、占い師のよっては、幼少の頃苦労したか?と確認して、小学生までの年に、母親との絆が無い方が良いとのコメントをします。いくら苦労の運命でも、幼少の頃捻くれる、または愛情なければ、世の犯罪者の幼少期の様だと思います。最近の殺人者はその様な過去が多いとデータが出ていました。さて、中学に入ってからは、相当先取り教育で苦労と体調を崩していましたが、人間関係も男の子が怖くて気の休まる時はなかった様です。そのあと、勉強の他に、人より1つ秀でるものが欲しいこと、男の子に負けたく無かったことで、音楽に打ち込み、益々好きになり、自分を解放できる術を見つけ、ギターと歌に邁進している、中央に調舒を持つ娘です。本当に良かったとホッとしています。

    1. お嬢様良かったですね。
      太公望などは幼き時に苦労をして斉の国を創りあげたのですから、小さき時の苦労という理論も正論です。古の時代は15歳過ぎると立派な青年で、18歳には結婚して家族を持つというような時代でしたから、それより幼少となると諸先生方の理論にも大いなる理はあります。私の解釈は現在の長寿社会を規範としております。運命学的には13歳位まで家族の愛に育まれるとベースが安定しますが、幼少期の時に大変なご苦労されて一代を築く方が多いのも事実です。私は苦労の数は全員同じだけあると思っております。苦労クーポン券を早めに使われる方はその後の人生が楽になりますが、幼少期に愛情に恵まれなく、人生を恨んだりすると、苦労のクーポン券が消化されない場合もあるようです。投稿ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です