算命学を学ぶには

十六元法理論で緻密に構築されている算命学を習得するには、基礎技法の習得に最低3年 応用技法は更に3年、そこがスタート地点でありそこから研鑽と経験を積みながら、この技法を縦横的に活用していく…という流れがこの業界の常識です。

私には清水南穂師という業界最高峰の師匠がいて、その師匠のワンツーマンの指導を受けたという幸運にあったにも関わらず… 5年目まで理解に苦しみ、7年目で理解の灯が見えてきて、10年目で全体を把握し、13年目でやっと全てを理解し自分の頭で解釈できるようになりました。

その理由は何かというと、師匠の教えが非常に文学的であったこと、何を言いたいのか不明な点が多かったこと、白板に師匠がご宗家より学んだノートの文字を書き、それをひたすら書き写すという古典手法であったこと…

その為、習得に膨大な時間がかかった為、時間的跳躍が多く理解不能に陥りました。書き写すという習得法は非常に貴重なものであり、意義あるものとは思いますが、《白板を書き写す》事に授業のほとんどの時間が費やされ、考察まで至らなかった事、アルゴリズム的視点が欠けていたため、その論理性を理解するのに 多大なる時間と研究が必要だったのです。

学び始めてから7年程経過したある日、それまで書き溜めた全てのノートを3部ずつコピーをし、それを切り取り部屋一面に並べました。 それらを様々な方法で並べ、論理性アルゴリズムを構築する作業を3か月間、それを3つのパターンに分類し続ける事で、算命学という学問の流れがやっと理解出来ました。

どのような論理性を持って指導すれば、理解への道が早いか、独自のテキスト・ドリルを編集し、友人知人に教え込む作業を行いました。相手が良かったのか、私の指導が良かったのか…たった1年4か月で私の10年分を習得させる事に成功。

私の教育目的はこの難解な理論を分かりやすく理解させることではなく、単なるデータベースとしての情報として活用しながら、時代と環境に合わせた解決法まで導き出せる人材育成です。

解決法のヒントは何にあるのか、算命学の原理となる中国思想、仏教の影響、東洋史観的物の捉え方、歴史背景等、包括的に捉える能力の育成が必要となります。

こうして、清水先生に入門してから10年目、始めて一般から受講生を募集し、指導することを開始、現在の当協会を支えてくれている優秀な人材と出会いました。

実は、この短期集中で指導するやり方には大きな問題点があるのです。 短時間で指導する為、人間性の構築が間に合わない。古典学問や技能の習得に、長い時間をかけて行うの理由は、人間性の教育もあるのです。それを解決する為に、受講生の資質を重視し、正直で美しき心を持ち人格的にも素晴らしい方々を選び指導する事にしたのです。 先輩が良ければ、後輩も良くなり、組織全体の質が向上します。

 

IT化への挑戦

何でもそうですが、知識・技術というものは酷使しないと忘却の彼方に流れていってしまいます。

学童期に習得したものとは違い、成人になってからの学習は、《氷が解けるが如く》忘却します。 私は毎日3時間の学習を14年以上続けておりますが、しばらく旅行をして頭を使わないと、途端に精度は落ちます。

特に算命学は忘れます。 何故かというと、暗記すべき事柄が余りにも多く、分類訳の項目が多いからです。 全ての分類項目を理解し把握していないと分析は出来ませんが、一人の人物にとって必要な情報は、その中の1万分の1程度です。

つまり、その人にとって必要な情報のみを抽出すれば良いのです。暗記や分類訳はITに任せる。 暗記から解放される事で、分析や考察という所、人間にしか出来ない部分に集中出来ます。

その事に気づいた時から、算命学理論のIT化を始めました。天才的な著名なプログラマーと理想を追い求め、ひたすらプログラミングを行いました。 算命学、四柱推命、九星気学も研究し、それらの理論のベースとなっている干支暦を基に組みました。
元々は陰陽二元論と五行論から成る六十干支から構築された理論ですから、アルゴリズムがあるのです。

作りだされたプログラム数は824。これらが縦横的に織りなされ大きなデータベースが誕生しました。

記憶と計算・分類訳はITに任せ、算出されたデータを基に人と向き合う仕事を創出します。

このプログラムを活用して、人物考察を行う人材を育成するのが、数理暦学協会です。 数理暦とは、算命学の理論の基となった旺相休囚死理論(エネルギー理論)を基礎としています。運命を数値化したデータベースであり、このプログラムは数理暦学で取り扱う事になりました。

数理暦学により、算命学に新しい学習法が誕生します。

当協会の役割は、数理暦学協会への講師の派遣、算命学の研究、情報提供であり、研究団体となります。