算命学とは何か

算命学は、台湾・香港では暦法を用いた予知術(占術)全般の事を意味し、日本でいう《算命学》とは《万象学》のことになる。 尚、現在の中国人民共和国・ベトナムなどの社会主義国では、推命学・占いの全てを禁じている為、この知識が活用され研究されているのは、台湾・香港・シンガポールなど、華僑の活躍する地域である。

日本には江戸時代に四柱推命学が伝えられたが、戦後、清王朝が滅亡し、共産党が支配するようになってから、中国王朝の学識者により、王朝秘伝の支配者の学問としての万象学(推命学)が、長崎在住の高尾義政氏に伝えられた。

この中国王朝秘伝の万象学の難解な理論が、算命学の礎となっている。

昭和五十年代、高尾義政氏により「原点算命学大系」としてまとめられた事により、《算命学》として誕生した。